事業内容

キーワードから探す

Hybrid polymer (auxiliary agent)
ハイブリッドポリマー
(助剤)

ハイブリッドポリマーα の性能補助

ハイブリッドポリマー(助剤)は、ハイブリッドポリマーαの性能を補助するために開発された薬剤です。滞水砂礫層の掘削において、高含水の掘削土が発生した場合ハイブリッドポリマーαで改質を行いますが、処理が難しい場合や、より即時的に改質したい場合に併用します。

特徴

等量以下の添加で
効果を発揮

ハイブリッドポリマーαの等量以下の添加で
効果を発揮します。

掘削土の
付着性・粘着性
をなくす

掘削土の付着性・粘着性をなくし、
運搬に適した性状にします。

短時間で
改質可能

併用することにより、改質を
短時間にすることが
可能であり、
高速施工に対応することができます。

排泥直後の土砂性状

排泥(滞水砂質層掘削土)
ミニスランプ値:8.0cm

ハイブリッドポリマーα
添加後

ハイブリッドポリマーα:
2.0kg/m3
ミニスランプ値:2.0cm

ハイブリッドポリマー
(助剤)添加後

ハイブリッドポリマー(助剤):
2.0kg/m3
ミニスランプ値:0.0cm

ハイブリッドポリマーα 性状規格

品名 ハイブリッドポリマー(助剤)
外観 無色~淡黄色透明液体
比重 1.17 ~ 1.23
荷姿 20kgキュービテナー
1m3コンテナ

(助剤)を用いた脱水・減容化

高い注入率で高分子系加泥材を用いた掘削土や高含水の泥土は、非常に多くの水を保持しています。ハイブリッドポリマー(助剤)を用いることで、間隙水を離水させ廃棄する土の減容化を行うことが可能です。

脱水促進剤としての特徴

脱水を促進

高分子系加泥材を用いた掘削土に
適量添加することで脱水を促進します。

脱水効果を
発揮

ベントナイト系加泥材にも
脱水効果を発揮します。

離水しない性状に
改質可能

(助剤)を加えて脱水を行った土砂に、
TGロックPを併用することで振動を与えても
離水しない良好な性状に改質が可能です。

排泥直後の土砂性状

滞水砂質層掘削土
テーブルフロー値:
21.5cm×22.0cm

ハイブリッドポリマー
(助剤)添加後

ハイブリッドポリマー
(助剤):2.0kg/m3
テーブルフロー値:
13.0cm×13.5cm

脱水後、TGロックP使用

TGロックP:2.0kg/m3
テーブルフロー値:
10.5cm×10.0cm

固化処理

お問い合わせフォームはこちら

製品の技術資料、製品データ安全シート(SDS)、規格表、分析表(試験表)、第三者機関分析についてはお問い合わせ下さい。