事業内容

キーワードから探す

Integrated mud material TG mover β
一体型作泥材 TGムーバーβ

TGムーバーβは、従来の作泥材のような粘土・ベントナイトを大量に必要としない一体型作泥材料です。

特性

掘削土砂の
運送も良好

低比重のため送液性に優れており、
特有の粘性特性により掘削土砂の運送も良好です。

省スペース化、
作業効率が改善

少量配合ですので、
省スペース化、作業効率の改善ができます。

安全性が高い

TGムーバーβは有害物質を含まない
安全性の高い材料です。

配合手順

  1. 所定量の清水をミキサーに投入する。
  2. 目詰材(TGブロック)を使用の場合は、先に目詰材を投入し十分攪拌する。
  3. ミキサーを回転させたままTGムーバーβを少量ずつ投入する。
  4. 粉末粘土を使用の場合は、TGムーバーβ投入後に粉末粘土を必要量ミキサーに投入する。
  5. 10分程度攪拌した後、圧送開始

性状・荷姿

主成分 無機珪酸塩類
pH 7.6~8.2
真比重 2.3~2.4
外観 淡黄色粉末
荷姿 20kg袋

泥濃式推進工法用設計積算要領対応配合表

品名 単位 土質区分による配合(m3あたり)
A B C-1 C-2 C-3 D
TGムーバーα kg 10 20 20 20 20 10
TGブロック kg 8 10 12 12 14 0
粉末粘土 kg 0 0 0 60 120 0
kg 988 982 981 956 930 996

*TGブロック;目詰材(逸泥防止材)

土質区分 区分内容
A 粘性土(N値5未満)砂質土(N値25未満)
B 砂質土(N値25以上)砂礫土(礫率30%未満、最大礫径20mm未満)
C-1 砂礫土 礫率 30%以上40%未満
C-2 砂礫土 礫率 40%以上60%未満
C-3 砂礫土 礫率 60%以上80%未満
D 粘性土(N値5以上50未満)

*作液する際に使用する水は清水(水道水など)をご使用ください。
*上記の性状は一定条件下での試験結果であり必ずしも実使用時の性状とは一致しません。

お問い合わせフォームはこちら

製品の技術資料、製品データ安全シート(SDS)、規格表、分析表(試験表)、第三者機関分析についてはお問い合わせ下さい。