事業内容

キーワードから探す

Mud material for mud type propulsion method TG mover α TG mover L
泥濃式推進工法用作泥材 TGムーバーα TGムーバーL

TGムーバーαとTGムーバーLを併用することで、あらゆる地層に対応できます。
粘土やコロイド分と凝集を起こしにくいため、塑性流動性を保持し、切羽の安定、良好な排泥が可能です。

TGムーバーαの特徴

高い粘性
を発現

TGムーバーαは、良質な粘土鉱物を主原料とし、
水に溶解すると高い粘性を発現します。

ゲル粘性
を高める

TGムーバーLとの併用により
ゲル粘性を高める事が可能となります。

TGムーバーLの特徴

切羽の安定性を
高める

増粘性・止水性を有するため、
砂・砂礫地盤掘削において切羽の安定性を高めます。

即効性があり、
作業効率が向上

液体品であるため即効性があり、
作業効率が向上します。

逸泥を防ぐ効果

泥膜形成性に優れているため
逸泥を防ぐ効果があります。

他の推進工法でも
使用可能

TGムーバーLは、他の推進工法(泥水式・土圧式)に
おいても使用可能な増粘材です。

配合手順

  1. 所定量の清水をミキサーに投入する。
  2. 目詰材(TGブロック)を使用の場合は、先に目詰材を投入し十分攪拌する。
  3. ミキサーを回転させたままTGムーバーαを少量ずつ投入し、分散・膨潤するまで継続して攪拌する。
  4. TGムーバーLを必要量投入し攪拌する。
  5. 十分に混合攪拌した後、圧送を開始する。
    *作液する際に使用する水は清水(水道水など)をご使用ください。

TGムーバーαの性状規格

外観 淡黄色粉末
真比重 2.5~2.7
荷姿 20kg袋
主成分 ケイ酸塩鉱物

TGムーバーLの性状規格

外観 淡白色液体
真比重 1.05~1.15
荷姿 18kg缶
主成分 アクリル共重合物

泥濃式推進工法用配合表

配合1

品名 単位 土質区分による配合(m3あたり)
A B-1 B-2 B-3 B-4 C-1 C-2
TGムーバーα kg 20 40 40 40 40 0 40
TGムーバーL kg 0.5 0.5 1.2 1.8 2.4 1.0 0.5
TGブロック kg 8 10 12 12 14 0 10
kg 985.2 975.8 973.5 973.0 970.8 999.1 975.8

*TGブロック;目詰材(逸泥防止材)

配合2

品名 単位 土質区分による配合(m3あたり)
A B-1 B-2 B-3 B-4 C-1 C-2
TGムーバーα kg 20 20 40 40 40 0 20
粉末粘土 kg 0 60 60 90 120 0 60
TGムーバーL kg 0.5 1.0 1.0 1.2 2.0 1.0 1.0
TGブロック kg 8 10 12 12 14 0 10
kg 982.0 960.0 950.6 938.9 925.0 999.1 960.0
土質区分 区分内容
A 普通土
B-1 砂礫土(礫率30%以下)
B-2 砂礫土(礫率30~40%未満)
B-3 砂礫土(礫率40~60%未満)
B-4 砂礫土(礫率60~80%未満)
C-1 硬質土(N値>10、qu<5MN/m2
C-2 硬質土(5MN/m2<qu<200MN/m2
お問い合わせフォームはこちら

製品の技術資料、製品データ安全シート(SDS)、規格表、分析表(試験表)、第三者機関分析についてはお問い合わせ下さい。