事業内容

キーワードから探す

All-soil sludge improved polymer TG polymer
全土質汚泥改良型ポリマー
TGポリマー

土木現場、特に浚渫工事・基礎工事などから大量に発生する様々な性状の汚泥を、改質する際に一般的に無機系固化材を使用しますが、その汚泥自体に含まれる水分量・粒土構成や無機系製品の特徴により即時改質ができず、また大幅な固化材添加量の使用となることが欠点とされてきました。 TGポリマーは、全土質汚泥に対応したな改良材であり、汚泥中の含水分を少量添加により抱え込むことができ、無機系固化材の使用量の合理化をはかりながら即時改良を可能とした特殊ポリマーです。

特徴

高い安全性

TGポリマーは毒性がなく
中性商品であるため、
改質後の公害発生はありません。

短時間で
改質可能

TGポリマーは改質時間が短いため、
改質後に即時搬出が可能です。

低添加量で
改質可能

TGポリマーは無機系固化材などの
併用使用により
低添加量の活用に、
より絶大な効果を発現します。

改質後の
安定性

TGポリマーで改質した泥土は、
製品効果である
接着能力により
土粒子間の摩擦力を発現させることで
流動性を抑制します。

TGポリマー 性状規格

外観 白色粉体
pH 8.0~9.0(0.2%溶液)
嵩比重 0.8~1.0
荷姿 20kg袋
800kgフレコン
10tローリー車

TGポリマー 効果

TGポリマーの添加量を変化させ改良することで、改良後土砂は下写真のように泥状→半固化状態→固化状態と性状が著しく変化します。 より固化状態に近いほど表面積が増大するために改質前の泥状土と比較して乾燥が早く、またセメントなどの無機系固化材を併用した場合においては、即時強度発現に繋がります。

泥状

半固化状態

固化状態

TGポリマー 取扱説明

TGポリマーを汚泥と混合攪拌した後、無機系固化材などを汚泥と混合攪拌してください。 団粒化プラントなどを使用は最適であり、約15~30秒の攪拌により高含水汚泥が団粒物となります。

固化材添加前

TGポリマー
及びセメント添加後

24時間後

固化処理

お問い合わせフォームはこちら

製品の技術資料、製品データ安全シート(SDS)、規格表、分析表(試験表)、第三者機関分析についてはお問い合わせ下さい。