事業内容

キーワードから探す

Liquid type excavated sediment improvement solidifying agent TG lock-L
液体型掘削土砂改良固化剤
TGロック-L

土木現場、特にシールド工事・基礎工事・掘削工事などから大量に発生する泥状土は、含水率が高く流動性があるため土砂運搬時において取り扱いが困難であり、従来より使用されている無機系固化材の活用においては現場での非作業性・非環境面などの諸問題があげられます。
TGロック-Lはこれら諸問題を考慮した液体高分子系固化材であり、少量添加のうえ短時間による改良を可能とし、改良後土砂のPHに影響を与えないため環境循環型の泥土固化処理をすることができます。
また液体製品であるため液体材料添加装置を用いた定量添加が可能です。

特徴

高い安全性

TGロック-Lは土砂PHに影響を与えないため
改質後の公害発生はありません。

作業性の
向上

粉末製品と比べ液体なため、
粉塵が一切たたず、
作業環境に優れています。
また、液体材料添加装置を用いた
機械管理により、作業の簡易化ができます。

短時間で
改質可能

TGロック-Lは無機系固化材と比べ
改質時間が
短いため、仮置き
スペースの必要性がなく
処分場まで
直送できる都市土木型固化剤です。

低添加量で
改質可能

TGロック-Lは少量添加で改質可能なため、
従来の無機系固化材のような
粉塵発生・製品サイロ・体積増加の
諸問題の心配がいりません。

改質後の
安定性

TGロック-Lで改質した泥土は、
製品効果である
接着能力により
強固に団粒化されているため、
雨水や運搬の振動などの影響で
泥状化することはありません。

改質後土砂の
乾燥性

TGロック-Lで改質した泥土は、
表面積が
増大するため、
改質前の泥状土と比較して
乾燥が早くなります。

液体材料添加装置概略図

液体材料添加装置概略図

TGロック-L 性状規格

外観 淡黄色液体
pH 7.0~9.0
比重 1.0~1.1
荷姿 18kg缶
1m3コンテナ
ローリー車搬入

TGロック-L 取扱説明

TGロック-Lを泥土に添加して、混合攪拌してください。攪拌が不十分な場合は改質効果が低下しますので、よく混合攪拌してください。
泥土の含水比、土質等により差はありますが、改質用の混合攪拌設備を活用すると約30秒前後にて改質することができます。

高含水土砂が流動性をなくしていく様子をご覧いただけますが、その他バックホーのグラブにもご注目ください。
薬剤添加当初はグラブへ土砂の付着が多く目につきますが、攪拌が進むにつれて付着がなくなります。このことによってバックホーオペレーターの作業性向上と、<>土砂運搬の際の運搬効率アップにつながります。

ミニスランプ試験

TGロック-L添加前
スランプ値:10.3cm

TGロックL-1.0kg/m3添加
スランプ値:0cm

テーブルフロー試験

TGロック-L添加前
テーブルフロー値
23.5cm×23.0cm

TGロック-L 1.0kg/m3添加
テーブルフロー値
10.0cm×10.5cm

固化処理

お問い合わせフォームはこちら

製品の技術資料、製品データ安全シート(SDS)、規格表、分析表(試験表)、第三者機関分析についてはお問い合わせ下さい。